エミュームートンは防水

エミュームートンブーツは防水です!

まずこちらの動画を御覧ください。 *英語ですがだいたい理解できると思います。

 

 

いかがですか? すごいでしょう!
本当に水をはじいていますし、みずたまりに運悪くハマってしまっても、
これならムートンブーツのヨゴレを気にしなくて済みますよね♪

 

ただし過信しないでくださいね。 あくまでもエミューは防水仕様であって、
完全に水をシャットアウトするとまではいきません。

 

少し細かく書きますと、この防水とは、水が染みこんでこない、表のシープスキンは
水を弾く、ですが水の中につけても、永遠に水を通さないということでは
ありません。 極端に言えば、海に中を何年歩いても水を弾き続けるという
ことではないです。 ですので水を避けたほうがいいのは間違いありません。

 

 

ウォータープルーフとウォーターレジスタントの違い

 

少し前までのエミュームートンは「WATER RESISTANT」加工と表記されていました。
ですが現在は「WATERPROOF」加工の表記にバージョンアップされています。

 

これはどういうことかといいますと、以前までは撥水性のあるムートンブーツ
だったのが、現在のエミューは防水仕様に格上げされたということです。

 

これは相当高い技術力が必要になると思います。
なにしろあのムートンブーツ、シープスキンを防水にするなんて!
ムートンブーツといえば、見た目からも、いかにも水に弱そうですよね。
ですがエミューはそんな事は無いのです!

 

 

ちなみにウォータープルーフとウォーターレジスタントの定義の違いを説明しますと、

 

ウォーターレジスタント=水につけた状態で20分間、浸水を防止できる。

 

ウォータープルーフ=水につけた状態で40分間、浸水を防止できる。

 

 

この差は20分間に見えますが、実はそれ以上に大きな差が有るのです。
ウォーターレジスタントの場合、どうあっても40分間水に耐えられることはありません。
ですがウォータープルーフは少なくとも40分間は完全に水に耐えられるのです。

 

例えばムートンブーツを履いて外出し、深い水たまりを踏んでしったとします。
ドップリいってしまった場合、ウォーターレジスタントだと少なくとも40分後には
ブーツの内側に水が染みてきてしまうことになります。

 

ですがウォータープルーフの場合、40分間は完全防御。
天気にもよりますが屋内に入っていれば、ブーツの外側が乾いてくる
可能性が高いです。 この差は歴然で、たった20分間の差というのは
大きな間違いです。

 

そしてエミューのムートンブーツは、現在ウォータープルーフ仕様にになっています。
雨の日にわざわざ履くのははやめたほうがいいと思いますが、突然の雨などにも
恐れる必要はありません。 安心して歩いて下さい!

 

 

 

 

 

エミュームートンは防水関連ページ

エミュー ブーツ 正規品
エミュームートンブーツの正規品についてです。エミューの偽物に関しても解説します。
最近の通販詐欺に関して
エミューも例外ではない最近の通販詐欺の手口、エミュームートン詐欺に合わない方法など
ムートンブーツの人気色
エミュームートンブーツの人気色についてです。今一番売れているカラーは?どの種類のどのカラーのエミューが人気か?調べました!
人気ショップTOP3
エミュームートンブーツの通販ショップで最も売れている人気TOP3をご紹介します!
ロー・ミニ・ハイ どれがおすすめ?
ムートンブーツといってもさまざまなバリエーションがあります。そして、人気ブランドemuでは、特にミニ丈のムートンブーツが人気のようです。
お手入れ方法
ムートンブーツって、安くて可愛いけれども皮などのブーツと違って汚れやすいですよね。特に、人気の淡いカラーは汚れが目立ちます。
エミュムートンブーツに合わせるおすすめファッション
ロングムートンと違い、短めムートンブーツは履いてもあまり強調しすぎないアイテムなのでコーディネイトに取り入れやすいのではないでしょうか? 定番のグレーやベージュ、ブラックも良いですがオリジナリティあふれるブルーやイエロー、グリーンなどもおすすめです。
人気色
カラーバリエーションが豊富なエミュムートンブーツ!中でも一番人気のカラーはチェスナットでしょう。